装飾の基本:3D チャートは使わない – その1

こんにちは。藤です。

 

データビジュアライゼーションシリーズです。

 

『装飾の基本』の第10弾です。

 

Before

読み手に対して、データを分かりやすく効果的かつ正確に伝えることを重要視した場合、3D チャートは不適切なチャートに該当します。

Before の図から、製品C の値がパッと見て理解できるでしょうか?

 

 

直感的には棒の最上部から縦軸のラベルを水平に見てしまうため、製品C は 80 のように感じます。

 

 

しかし、罫線を辿ると 60 であり、直感的に理解する値とは異なります。

 

 

ところが、傾きを平面に近づけていくと・・・

製品C が 60 を超えていることが明らかになってきます。

 

 

完全に平面にすると

製品C は 70弱(正確には 68 )でした。

 

 

3D チャートの場合、読み手がわざわざ罫線を辿って読んだとしても、正確に読み取れないというオチまでついています。

 

 

 

After

情報を正確に伝えることが目的であるならば、誤認のリスクを伴う3D チャートは利用しないことをオススメします。

 

 

それではまた。

 

※この内容は『データビジュアライゼーションの教科書』に掲載されています。