装飾の基本:無駄な装飾はしない 折れ線グラフ編

こんにちは。藤です。

 

データビジュアライゼーションシリーズです。

 

『装飾の基本』の第4弾です。

 

Before

前回の棒グラフに引き続き、これもよく見かける折れ線グラフです。

折れ線そのものと、数値を持つすべての点に対して装飾が施されている状態です。

チャート上に装飾が多いため、本来折れ線で示すべきトレンドが把握しづらくなり、その印象も頭に残りづらくなっています。

 

一方、以下はどうでしょう?

 

 

After

色以外の装飾要素を全てカットしてみました。

Before で本来伝えたかった情報は、この After の図でも十分伝わるのではないでしょうか?

 

もしも伝わるならば、カットした要素は無駄な情報で、先日投稿したノン・データインクだったということですね。

 

棒グラフも折れ線グラフも無駄な装飾は排除しましょう。

 

 

それではまた。

 

※2019年6月1日追記

この内容は『データビジュアライゼーションの教科書』に掲載されています。