Hawkeye Viewerサービススタート!HVの運用で学ぶAlteryxのAnalytic Apps化

Noguchi

Hawkeye Viewerリリース!


Truestarの野口です!

本日!2020年12月1日!

Truestar初のSaaSサービスである、HawkeyeViewerがローンチされました!

下記リンクに詳しいサービス内容がございますので、是非ご覧ください。

HawkeyeViewerサービス内容

 

HawkeyeViewerでは

可視化のプラットフォームには、Tableau Server(Embeddedライセンスを使用)

データ更新作業+αには、Alteryxを使用しています。

Alteryxについては、運用の利便性を高めるため「ワークフローをアプリ化」して運用しています。

そこで、この記事ではAlteryxのアプリ化について、HawkeyeViewerをケースに紹介させていただきます!

 

ワークフローのアプリ化とは?


AlteryxではワークフローをAnalytic Apps化することができます。

Analytic Apps化することで、Alteryxを起動せずにワークフローを実行することが可能です。

また、パラメータで処理内容を変更することも可能です。

アプリ化したフローをダブルクリックして実行すると、画像のような実行画面が立ち上がり、

パラメータの入力と処理の実行ができます。

 

なぜワークフローをアプリ化するか


ワークフローのアプリ化には、以下のような利便性があります。

・起動が早い

Alteryx Designerを立ち上げる必要がないので、かなり早く作業を進めることができる。

・誰にでも扱いやすい

画像のようなインターフェースが立ち上がるので、非Alteryxユーザーでも扱いやすいです。

インターフェースはカスタマイズ可能なので、プログラムを使用する人のレベルに合わせカスタマイズ可能です。

 

・プログラムを開くというリスクがない

ワークフローを開く必要がないので、

  「間違えてプログラムを触って上書き保存しちゃった…」

というようなリスクがないです。

 

Hawkeye Viewerでどのように使っているか


■環境構築

Hawkeye Viewerでは、クライアントごとに以下のものを最初に用意・設定しなければいけません。

・Tableau Serverのサイト

・サイトにパブリッシュしたHyperファイル

・パブリッシュしたHyperファイルに接続したTableauのtwbファイル

この準備に地味に時間がかかるので、以下のようなWFを作成・アプリ化し作業を効率化しました。

【処理内容】

・ダミーデータをパブリッシュするワークフローの、パブリッシュ先サイトを変更

・twbファイルのデータ接続先サイトを変更

この2つの処理は、AlteryxのワークフローとTableauワークブックを、

xmlとしてAlteryxで読み込み、xmlを書き換えることで実現しています。

xml編集の詳細は後日、小林のブログをご確認ください!

 

【アプリ化方法】

上記処理で変更するサイト名を、パラメータで入力可能にしました。

①パラメータ入力の作成

 

 ②インターフェースの設定

 

 上記のように設定すると、パラメータ入力でFormulaの値を変更するアプリケーションが作成できます。

 

このアプリを実行すれば、TableauとAlteryxを触ったことがない人でも、

Tableauのtwbファイルのデータソース接続先変更が、簡単にできます。

 

■データ更新

チェーン店の出退店検出処理は3プロセスの処理が必要で、3つのワークフローがあります。

それらを全てマクロ化し、さらにそれらをアプリで切り替えて使用できるようにしました。

アプリを実行すると、画像のようにラジオボタンが表示され、実行したい処理を選択することができます。

 

 中身はこんな感じです。

  

 ラジオボタンツールとDetourツールで①~③の、どのツールorマクロにデータを引き渡すか、

コントロールすることができます。

 

【アプリ化方法】

ラジオボタンツールとDetourツールの設定方法は、画像の通りです。

ラジオボタンツールの”Enter the text or…”の部分に記入したテキストが、

アプリのラジオボタンに表示される選択項目名となります。

  

 画像の設定だと、アプリで”店舗リスト取得”を選んで実行すると、

Detour toolのR側にデータが出力されます。

 WFをこのような形にしておくことで、更新作業のオペレーションをかなり簡潔にすることができました。

 

ちなみにですが、データ連携の都合などで、まだ実現できていませんが、

最終的にはHVのデータ更新は完全自動化を目指しております。

 

まとめ


アプリ化したWFを実装してみて、「誰にでも扱いやすい」ことが、特に大きな利点だなと感じました。

なぜなら、アプリ化することで実装負荷は多少上がってしまうのですが、

Alteryx技術者以外の方に、処理の実行などを任せることが容易になるので、

結果として、Alteryx技術者の負荷を下げることができるからです。

 

本当にデータの加工や、ダッシュボードの運用は考慮することが多く大変です…

 

しかし!Hawkeye Viewerを購入していただければ、そんな考慮は不要です。

データを”誰でも”、”手軽に”見られるレポートでお届けいたします。

ご興味を持っていただけましたら、ぜひこちらからご連絡ください。

 

 

【メンバー募集中】

truestarでは、新しい仲間を募集しています。詳細は以下をご覧ください。
株式会社truestar採用サイト https://en-gage.net/truestar/