【Tableau】SQLで共通テーブル式(WITH句)を使う方法

【Tableau】SQLで共通テーブル式(WITH句)を使う方法 | Tableau-id Press -タブロイド-
tableau-logo-1200x630-960x504

TableauのカスタムSQLでデータを取得する際、WITH句を使ったSQLだとエラーが出てしまいます。

カスタムSQLではWITH句のような共通テーブル式(CTE)はサポートしていません。
代わりに「初期SQL」で一時テーブルを作成し、カスタムSQLで作成した一時テーブルを参照することができます。

このやり方はTableau公式にも紹介されていますが、今回は実際に画面で試した結果をお見せしたいと思います。
DBはSQL Serverを使用しています。

サンプルSQL

こちらが元となるSQLです。これをそのままカスタムSQLに設定しても最初にお見せしたエラーが出ます。

WITH basedata AS (
  SELECT 
    YEAR([年月日]) AS [年],
    [都道府県],
    [売上]
  FROM [test].[SalesData]
  WHERE [年月日] >= '2016-01-01'
)
SELECT
  t.[年],
  t.[都道府県],
  t.[売上],
  a.[全国売上]
FROM ( --都道府県別年間売上
  SELECT 
    [年],
    [都道府県],
    SUM([売上]) AS [売上]
  FROM basedata
  GROUP BY [年], [都道府県]
) t
LEFT JOIN ( --全国年間売上
  SELECT 
    [年],
    SUM([売上]) AS [全国売上]
  FROM basedata
  GROUP BY [年]
) a
ON t.[年] = a.[年]
ORDER BY [年], [都道府県]

basedataに必要なデータのみ抽出し、basedataから都道府県別集計と全国集計を求めJoinしています。

初期SQLの設定

初期SQLをクリックします。

初期SQLでローカル一時テーブルを作成します。

WITH句はそのままで、クエリの最後でSELECT INTO [一時テーブル名] を使用してローカル一時テーブルを作成します。
ローカル一時テーブルはテーブル名の先頭に#をつけます。

SELECT * INTO #basedata from basedata

今回は#basedataという名称にしました。

設定ができたらOKを押下します。何も起きていないように見えますが、一時テーブル#basedataが作成されています。

カスタムSQLの設定

カスタムSQLで、初期SQLで作成した一時テーブル#basedataに対してSELECTをかけます。

OKを押下します。エラーが出ることなく、カスタムSQLの設定ができました。

結果の確認

「今すぐ更新」をするとエラーが出ることなくデータが取れました!!


今回はシンプルなSQLだったので、WITH句をわざわざ使わなくても、サブクエリを書けばすむと思いますが、
実際の業務ではもっと複雑なSQLになる場合も多いと思います。
このような場合にWITHを使うと可読性が上がると思います。

また今回の例では、サブクエリの結果を使いまわしており、そのような場合にもWITH句は有効かと思います。
(使えない場合は何度も同じことを書かなくてはなりません。)

共通テーブル式をどうしても使いたい!という方は初期SQLとカスタムSQLの合わせ技でお試しください!