アドベントカレンダーで高められる3つのちから

tama_1228

こんにちは、truestarたまるです。

今年、初めて社内でアドベントカレンダーを開催しました。
本来のルールでは土日も含め25日間書き続けるのですが、
初めてですし、ハードルを上げすぎると、楽しい行事感が減ってしまいそう、
ということでまずは平日のみ、19日間やってみる事にしました。

実際やってみると、苦労も少なからずあったものの、毎日違うメンバーに書いて頂き、それぞれの個性が発揮されたイベントになったかと思います。

アドベントカレンダーで高められる3つのちから

そんな「アドベントカレンダープロジェクト」(そう、まさにプロジェクトでした)をやってみて
個人として、会社として、以下の3つの力が向上できたかなと思います。

  1. 発信
  2. 達成
  3. チーム

それぞれみていきましょう。

発信力

そもそもブログ記事を書くにあたり、初めて投稿するメンバーもいたので、最初に下記の2つを社内向けに説明しました。

社外へtruestarの魅力を発信

アウトプット習慣の活性化

コンテンツを、あえてインターネットの海に流すというのはなぜか。
もちろん社外の方に見て頂きたいからですよね。

見に来てくださる方には、技術的に困った果てにたまたま辿り着いたのがこのブログだった という方もいれば、先にtruestarという社名を知って、どんな会社か知りたくてきた方もいるかもしれません。
いずれにしろ、そういった方の目に触れるには、どんな形式であろうと発信することが必要です。

もちろん制限のない範囲に公開するのは、最初は勇気がいる事です。
ただそれも、発信したからこそくる意見であって、それによって改善が生まれれば、筆者と読者 双方にメリットのある事だと思います。

慣れもあると思いますが、今回の企画を契機として、今後も継続的な投稿を発信していければと思います。

達成力

今回企画をしてみて「書きたい気持ちはあるけど、なかなかきっかけや題材がない」というメンバーが多い、という事がわかりました。

アドベントカレンダーのいいところ(?)は、締め切りが決まっている、という点です。
また「題材はtruestarのコンサルティング業務に関係のあるものであればなんでもOK」というムチャブリに応えてもらう中で他メンバーの投稿から、自分の投稿の方向性が定まってくる、という効果もあったかと思います。

もちろん、師走のこの時期に業務の合間を縫って記事を執筆するのも、各メンバー苦労のあったことと思いますが、ひとりも抜けなく/遅れることなく遂行してくれました。(拍手!)

個人だとなら「またいつか…」としてしまうところも、組織としてリレー形式になっている事が、ある意味使命感のようなものを生んで、結果として発信することの達成につながったと思います。

「締め切りだけが決まっている。あとは考えてください。」というプロジェクトが本当にあったとしたら、、、恐ろしいですけどね、笑

チーム力

いってしまえば、プロジェクトマネジメント力に近いですが、1対多ではなく、チームが相互にマネジメント力を発揮してくれたかと思います。
企画自体は、僕から提案したものでしたが、結果的に20名近いメンバーが賛同してくれる結果となりました。
社員の約3~4割が と言い換えると、地味にすごい事が分かって頂けるかもしれません)

普段の僕の業務はどちらかというと、手を動かしてアウトプットを作成する側がメインです。
なのでこの企画を上手く推進して、破綻せずにクリスマスを迎えられるか、正直不安はありました。

しかしそれも取り越し苦労。カレンダーに不備があれば積極的にチェックしてくれたり、スケジュールの交換なども自主的にメンバー同士で実施してくれました。
カレンダー形式でアウトプット結果が可視化されるのもあり、スタートからゴールまでの均一なイメージ共有が図られやすかったのかな、と考えています。

相対的には決して大人数ではない弊社ではありますが、昨今の情勢もあり、他の人が普段どういったことを考えているのか/得意としているのかがわかりにくくなっていた中で、メンバー同士の相互理解も進んだ面があったと思います。
個人的に「腰が重いことは 周りを巻き込む」という2020年の裏テーマもあったので、チーム力を上手くつかって、年末にこういった企画ができたのは、良い経験になりました。

 

まとめ

長々と書いてしまいましたが、

https://twitter.com/ts_shotama/status/1343388702261837825

結局「いつかやりたい」と思うのであれば、今、とりあえず始めてしまう!というのが大事と思いました、という事です、笑
(もちろんそれでも、個人なり組織なり、それなりの苦労は伴う、というのは前提ですけどね)

今回は、社内の発信力強化、という目的で企画をはじめた側面が大きいです。
そのため、もしかしたら、読み手目線から見ると改良の余地のあった点もあるかもしれません。

しかしそれも、発信してみたからこそ得られる成果です。

改善が必要であれば、次の一手が生まれるきっかけになりますので、そういった観点でも振り返りながら、是非来年もトライしてみたいと思います。
願わくば、毎月アドベントカレンダー状態、そうなると嬉しいですね。

来年も個性豊かなメンバーで発信していくTableau-idを、お楽しみに!

 

【メンバー募集中】

truestarでは、新しい仲間を募集しています。詳細は以下をご覧ください。
株式会社truestar採用サイト https://en-gage.net/truestar/