5/22 Scrum Boot Camp Premiumに参加してきました

初投稿。
先日5/22開催されたScrum Boot Camp Premium(CodeZine Academy Edition)https://event.shoeisha.jp/cza/20190522
に参加してきました(^^)

Truestarでは、Scrumを用いてTableau開発をしています。
Scrumってみなさんご存知でしょうか?
今回は弊社でも取り組んでいるScrumについてご紹介します。

■Scrum(スクラム)って何?
アジャイル開発の一種です。
アジャイル開発とは、大きな単位でシステムを区切ることなく、小単位で実装とテストを繰り返して開発を進めていきます。
なので、状況に応じて軌道修正しながら開発を進めていくことができます。
アジャイル開発の中でも、スクラムとは【どうやって作っていく?プロジェクトをどう進める?】といった進め方の手法に焦点をあてたもののことを指します。

■Scrum(スクラム)を用いたプロジェクトの進め方ってどうするの?
①まずロール(役割)を決めます。
プロダクトオーナー:開発するプロダクトに責任を持ち、プロダクトバックログ(タスク)を並べ替える
開発チーム:プロダクトの開発を行う
スクラムマスター:スクラムがうまくいくように指導したり、調整したりする

②進め方
プロジェクトを固定の期間(スプリント)で区切って、固定の期間内でやる作業リスト(プロダクトバックログ)を作り、
開発し、開発プロダクトのレビューを行って、作業リストを見直し、計画を見直し、次のスプリントに臨む!
といった進め方です。

つまり、スクラムとは、チームが一丸となって、やると決めたことを、全員で協力してやることです。(まさにラグビーのスクラムですね!)
↓↓↓詳しくは、こちら↓↓↓
https://www.amazon.co.jp/SCRUM-BOOT-CAMP-BOOK-西村/dp/4798129712

さて、私が参加したScrum Boot Camp Premiumでは、Scrumを用いたプロジェクト開発を実際に体験することができます。
1スプリントの開発期間は5分! 5分で絵を組み立てて展示会を開催するプロジェクトです~~~(^^)

まずは、ロール(役割)を決めて、完成の定義を決めて、どんなタスクが必要か、優先順位はどうするか・・・・みんなで会議会議会議。。。。
うーん。制限時間5分でこれらをまとめるのは難しい(^^;)

決めた内容でプロジェクトスタート(制限時間5分)
実際やってみて…時間内にタスクを消化できなかったり、新たな課題が出てくる出てくる。。。。。。

ただ、できなかったことは、しっかりとなぜできなかったのか、振り返りをして次の計画を立ててあげることで、納期まで軌道修正できます。
最終的には、チーム一丸となって、なんとかプロジェクトを完成することができました(※絵を組み立てて展示会を開催するプロジェクト)

たった1日ですが、スクラムの手法を用いることで、メンバーがみな共通の言語を用いて、プロジェクトのゴールに向かって同じ方向を向けたり、
思っていることを話し合えたり、課題を共有しあえたり、ができました。

Scrum(スクラム)はあくまでも、【プロジェクトをどう進めていくか?】の手法の1つですが、
いいものをいかに作るか、メンバーみんなで本気でプロジェクトに取り組むためにはどうしたらいいのか
といったチームの仕組みづくりを教えてくれます。

Truestarでは、引き続きScrumを用いて、素敵なTableau開発をすすめてまいりますので、乞うご期待!(^^)

最後に、研修を受けたメンバー総勢20名の講師への質問一覧。(みなさん、それぞれの現場でいろいろと悩まれてるのですね。。。)