数表の基本:数値の比較は横より縦で

こんにちは。藤です。

 

データビジュアライゼーションシリーズ

『数表の基本』第3弾です。

 

Before


この数表では縦に評価指標、横に製品が並んでいます。

各製品の KPI が「数量」「売上(万円)」「利益率」の3指標です。

個々の製品について、3指標を確認するのみであればこの見せ方でも問題ありません。

 

しかし、製品間の比較をする場合はどうでしょう?

 

数値は横に並べてしまうと比較はしづらくなります。

 

After

比較する数値は縦に並べて、桁を揃えることで圧倒的に見やすくなります。

横方向に比べて縦方向のほうが比較は容易ですね。

 

 

また、次の例で示すように、作り手として何の比較を優先して見せたいのか、その意思次第で縦軸と横軸の適切な配置は異なります。

 

各年度におけるエリア間の比較 > 各エリアにおけるの年度間の比較

つまり、特定の年度において、各エリアがどうだったのかが “より” 知りたい場合

 

各エリアにおける年度間の比較 > 各年度におけるエリア間の比較

つまり、特定のエリアにおいて、各年度がどうだったのかが “より” 知りたい場合

それぞれ適切な見せ方は異なります。

 

比較の目的を事前に明確にしておくことが非常に重要です。

その上で、比較したい数値は縦に並べるように心がけましょう。

 

 

それではまた。

 

※この内容は『データビジュアライゼーションの教科書』に掲載されています。