数表の基本:数値は桁を合わせて右揃え

こんにちは。藤です。

 

データビジュアライゼーションシリーズ

『数表の基本』第2弾です。

 

Before

パッと見て違和感を抱けば正常ですが、意外と『利益率』以外の違和感に気づかないかもしれません。

『数量』は中揃え、『売上(万円)』は左揃え、『利益率』は桁数が統一されていません。

 

致命的な問題につながるものではありませんが、読み手にとって読みやすいとは言い難いですね。

 

After

数値は右揃えが基本原則です。

小数点の桁は、表示対象の中(ここでは『利益率』)では必ず統一しましょう。

読みやすさが全く異なりますし、桁数の違いは一目で気づきます。

 

数秒から数十秒で改善可能ですので必ず実践しましょう。

 

それではまた。

 

※この内容は『データビジュアライゼーションの教科書』に掲載されています。