【Tableau Tips】パラメータに最新年を自動表示する(動的パラメータ)

【Tableau Tips】パラメータに最新年を自動表示する(動的パラメータ) | Tableau-id Press -タブロイド-
アイキャッチ

tomokoです。

今回は動的パラメータを使用してワークブックを開いた時に自動で最新年を表示させる方法です。

サンプルスーパーストアを使用して、年パラメータで選択した各月数値を表示するダッシュボードを作成していきます。

オーダー日は日付型ですので、年のみのフィールドを作成します。

数値型でメジャーフィールドとして作成されるので、ディメンションに変換します。

ワークブックを表示した時、常に最新年を表示したいので、最新年を表示するためのフィールドを作成します。

FIXEDにディメンションを指定しない場合は、{  } のみで指定できます。

表示年を選択するパラメータを作成します。

データ型を「整数」、許容値をリストに設定します。

動的パラメータを使用しない場合は値のリストに値を手入力しますが、

今回は動的パラメータを使用するので、ポップアップ右下の「ワークブックを開くとき」を選択、

そうすると、整数フィールドが表示されるので、その中からパラメータに使用したいフィールドを選択します。

今回は先に作成しておいた、[ オーダー日_年 ] を選択します。

「ワークブックを開いたときの値」を先ほど作成しておいた [ オーダー日_最新年 ] に設定します。

初期設定ではカンマ付きで表示されるので、表示形式をカスタム「####」で設定します。

動的パラメータの設定ができました!

この後は通常のパラメータと同様、パラメータで選択した内容をデータに紐付けます。

パラメータをデータと紐付けるための真偽フィールドを作成し、フィルターに入れて「真」を選択します。

これで紐づけもできました!

日付データが更新されたデータを自動で反映させるには必須の方法なので、ぜひ活用したいですね!