よくわかる表計算の『表』と『ペイン』

Tableauの表計算機能は使いこなせると便利なのですが、その計算のためには
『次を使用して計算』などを厳密に定義する必要があります。
これが独特の表現を用いていることもあり、イマイチわかりにくいと思います。

そこでその解説用の資料を、弊社でインターンとして勤務する慶應大3年の森川さんに実装してもらいました。

var divElement = document.getElementById(‘viz1534738654582’);
var vizElement = divElement.getElementsByTagName(‘object’)[0];
vizElement.style.width=’540px’;vizElement.style.height=’747px’;
var scriptElement = document.createElement(‘script’);
scriptElement.src = ‘https://public.tableau.com/javascripts/api/viz_v1.js’;
vizElement.parentNode.insertBefore(scriptElement, vizElement);

特にわかりづらい『表とペインの違い』をシンプルにまとめてくれました。
初級ユーザーがつまづきやすい箇所でもあり、参考になれば幸いです。

矢印や枠線の表示が崩れている場合はこちらをご覧ください。

T.Fuji