滝グラフ(ウォーターフォールチャート)

損益や売上の増減などを可視化し、その累積結果に対する影響や数値変動の要因が理解しやすい滝グラフを Tableauで実装してみました。

var divElement = document.getElementById(‘viz1534728002612’);
var vizElement = divElement.getElementsByTagName(‘object’)[0];
vizElement.style.width=’750px’;vizElement.style.height=’905px’;
var scriptElement = document.createElement(‘script’);
scriptElement.src = ‘https://public.tableau.com/javascripts/api/viz_v1.js’;
vizElement.parentNode.insertBefore(scriptElement, vizElement);

滝グラフを用いれば、例えば、利益増に対してどの部門やどの商品が利益増に貢献しているか、売上増に対してどの時期の結果が貢献しているのか、などを直感的に把握しやすくなります。
実装方法の詳細は各シートにまとめていますので参考にしてみてください。
また、TableauのTIPSとして、滝グラフを単純に作成するだけでなく、パラメーターを使用して利益タイプを切り替えれるようにしています(手順⑧シート参照)
パラメータを使うと実装の自由度が格段に高まります。
これを使いこなせるか否かは、初級者と中級者の境になると思いますので、是非チャレンジしてみてください。