Power Virtual AgentsとPower Automateを使って占いbotをつくる

Power Virtual AgentsとPower Automateを使って占いbotをつくる | Tableau-id Press -タブロイド-
syougatsu2_omikuji

Power Virtual AgentsとPower Automateを使って占いbotをつくる

Power Virtual Agents(以下PVA)はチャットボットの作成サービスですが、処理の自動化をしてくれるPower Automate(以下PA)という別のサービスを呼び出して処理させることができます。これができるとPVAだけだとできない複雑な処理をPAに肩代わりさせることができるため、チャットボットでできることが増えますよ!

今回はこの2つのサービスを使ってを使って占いチャットボットを作ってみます。

完成イメージ

Power Virtual Agentsでキャンバスを作成

まずはPVAの新しいトピックを作成し、キャンバスを開きます
(*PVAの基本的な操作はこちらの記事を参照してください)

まずは最初にメッセージをいれて

占いなので毎回同じ返答ではなく、ランダムに今日の運勢を占ってほしいですよね。選択肢をランダムに選ばせるということはPVAではできないので、ここでPower Automateの出番

「アクションを呼び出す」から「フローの作成」を選びます

Power Automateで乱数をつくる

ここからPAの画面に移動するので、「+」マークから「アクションの追加」を選びます

検索ボックスで”変数を初期化する”と入力し「変数を初期化する」アクションを選びます

名前に”乱数"と入力、種類は"整数"を選択

値のテキストボックスを選択すると、図のようなダイアログがでるので「式」をえらび入力エリアに”rand(1,7)”と入力し[OK]をクリック。これで1~7までの整数のランダム値が設定されます。(数字は選択肢の数によるのでこの限りではありません。図は今回のパターンに合わせています)

変数を初期化する

最後に「出力の追加」を選び

「数」を選択します

名前に”乱数1"と入力、値を入力するテキストボックスをクリックすると先ほど、作った”乱数”が出てくるので選びます

ここまで出来たら保存ををしてPVAの乱数生成フローが完成です。簡単でしょ

乱数を使って占いbotの分岐を作る

再度Power Virtual Agentsの画面に戻って、「アクションを呼び出す」を選ぶと先ほど作成したPAのフローが選択肢に出てきます(PAのほうで任意に名前が付けられますが、何もしないと以下の図のような名前になっていると思います)

これでPVAに乱数を生成するフローを作ることができました!

次にこの乱数を使って分岐処理をつくります。「条件を追加する」を選びます

プルダウンから”乱数1(数)”を選び、”次の値に等しい”を選択、値は”1"を選びます。これでフローを動かした時にもし乱数が1を返してきた場合はこの条件に入ります

同様の操作で条件は増やしていくことができます。値を設定するときの注意点として値は「半角数字である必要があります(乱数が返すのが半角数字だから)全角の数字だとエラーになります

条件が選ばれた時に返すメッセージを作ります

さらに占い結果のメッセージを追加します

最後に会話を終了を選んで1つの分岐が完成します

他の分岐も同様に作成していきます。ちなみに最後の「会話を終了する」の部分は分岐ごとにつくらなくても、1つめの部分にドラッグアンドドロップでつなげることもできます

くっつきます

全景はこんな感じです

完成したら最後に画面右上にある「保存」を選んで完成です

ボットのテストエリアで「今日の運勢は?」と試してみると、ランダムに選ばれた1つが返ってきます

以上です!

おまけ

2つの乱数を返すようにすることで、条件分岐を多くしてパターンを増やしたりもできますよ

【メンバー募集中】

truestarでは、新しい仲間を募集しています。詳細は以下をご覧ください。
株式会社truestar採用サイト https://en-gage.net/truestar/