TableauDesktop2020.1「動的パラメーター」を使ってみた

2020.1 の機能 _ Tableau Software - Google Chrome 2020

こんにちは。truestar大竹です。

今回はTableauDesktop 2020.1の機能に追加された「動的パラメーター」をご紹介したいと思います。
(今更ではありますが・・・)

https://www.tableau.com/ja-jp/2020-1-features#feature-124208

 

機能について

パラメーターを作成する際、”許容値:リスト” を選択することで

現在使用しているデータソースのフィールドから値を取得することが可能です。

今回は、日付型のオーダー日をリスト化してみます。※データ型の選択によってフィールド値も変化します。

しかし、この”値のリスト”は、パラメーター作成時のデータをリスト化するため

データソースに値が追加された場合は自動でリストが更新されませんでした・・・

そのため、リストに値を追加したい場合はパラメータを再編集してデータを再取得する必要がありました。

その手間を改善してくれるのが、今回紹介するTableauDesktop2020.1で追加された「動的パラメーター」です!

今まで手作業で更新していた”値のリスト”を自動的に更新してくれるようになりました。

 

動作検証

今回はスーパーサンプルストアのデータを使用して、パラメータが自動更新されるのか確認してみたいと思います。

比較対象としてTableauDesktop2019.4でも同じ検証を行います。

 

検証その1:パラメーターの値のリストが自動更新されるのか確認

検証その2:パラメータの初期値が最新の値に更新されるのか確認

 

<手順>

①スーパーサンプルストアのデータをcsvへエクスポート

 名前は「スーパーサンプルストア.csv」とします。

②2019.4と2020.1 2つのワークブックを作成

 「スーパーサンプルストア.csv」をデータソースとして取り込んでおきます。

③パラメーターを作成

 それぞれのワークブックでオーダー日をリスト化したパラメーター1を作成します。

④最新日付を取得する計算フィールドを作成し、パラメータの初期値に設定(ver2020.1のワークブックのみ)

 2020.1のワークブックに最新オーダー日を取得する計算フィールドを作成します。

  

 ”ワークブックを開いたときの値”に、先ほど作成した”最新オーダー日”を設定します。


 

⑤最新オーダー日の確認

 どちらのバージョンも2019/12/31が最新オーダー日であることを確認します。

⑥「スーパーサンプルストア.csv」のデータを更新

 「スーパーサンプルストア.csv」を開き、最新オーダー日以降の日付(2020/5/1)のレコードを追加します。

 

⑦ワークブックを開き直してパラメーターのリストを確認

 2019.4のパラメーターのリストは更新されていないですが、2020.1のパラメーターのりストは自動更新されていることがわかります。

 

 また、2020.1のパラメーターの初期値が自動的に更新されていることがわかります。

 

 

検証結果

この「動的パラメーター」機能により、以下結果がわかりました。

 

検証結果その1:パラメーターの値のリストが自動更新される

検証結果その2:パラメータの初期値が最新の値に更新される

 

さいごに

この「動的パラメーター」機能により、以下メリットが考えられます。

・更新忘れ防止

・保守作業軽減

・作業効率化


実用的でとても有用な機能だと思いました。

ぜひ皆さんも使ってみてください!