Snowflake 上の Prepper Open Data Bank に Excel から接続する

Snowflake 上の Prepper Open Data Bank に Excel から接続する
prepper

こんにちは。藤です。

何かあるとすぐに tableau や alteryx の話にしたがる悪い癖があるのですが、今回は皆さんお馴染みの Microsoft Excel から Snowflake 上の Prepper Open Data Bank に接続する方法を解説してみたいと思います。

そもそも Prepper Open Data Bank とは何ぞや?という方は以下の記事も是非どうぞ!

Prepper Open Data Bank 始めました!


ODBC ドライバーのインストール

Excel には通常 ODBC 接続をすることになりますので、事前準備が必要になります。

Snowflake の公式サイトから ODBC ドライバーはダウンロード可能です。

https://docs.snowflake.com/en/user-guide/odbc-download.html

リンク先は英語ですがブラウザの翻訳機能で日本語にすれば全く問題ないと思います。

    
※今回は Windows 64-bit版で説明します。

Windows 用の URL をクリック。

    
snowflake64_odbc-.msi をダウンロードします。

インストールは [Next] -> [Next] -> [Finish] で通常は問題ありません。 

ODBC の設定を行う

    
Windows の検索窓で "odbc" と入力すれば

ODBC データソース(64ビット)

が出てくるのでこれを選択します。

    

ユーザーDSNで『追加』をクリックします。

    
セットアップするデータソースのドライバーとして、

SnowflakeDSIIDriver

を選択し、完了をクリックします。

ODBC の設定画面が出てきますので必要情報を入力します。

    
[Server:] には Snowflake 環境のURL を入力しますが、最初の『https://』は不要なのが要注意ポイントです。

ユーザー名やパスワードは後でも求められますので、画像の内容のみでも問題ありませんでした。

これで事前準備は完了です

Excel から接続する

    
Excel で新しいブックを開き、データに接続します。

                                            
[データ] -> ... -> [ODBC から]

をクリックしていきます。

    
作成したデータソース名を選択します。

                                                                                                    

Snowflake 環境へのログイン情報が求められるので、ユーザー名とパスワードを入力します。

                                                                                                  

入力したアカウントからアクセス可能なデータ群が見えるので、必要なテーブルを選択し、[読み込み]をクリックします。

                                                                                                    

Snowflake 上の PODB のテーブル名が Excel の新しいシート名となり、データが出力されました。

                                            
データの更新も簡単です。

このシートのテーブルはもちろん、ブック上の全てのテーブルをまとめて更新することもクリック二回で可能です。

という訳で Excel からでも全く問題なく Prepper Open Data Bank に接続できました。

参考資料
Qiita – ExcelからSnowflakeのデータを取得する方法
Youtube – これわかってれば完璧!脱☆Snowflake初心者 #SnowVillage LIVE 005


Prepper で貴重な人材の時間を解放!

今回は Excel から Snowflake 上の Prepper Open Data Bank に接続する方法をご紹介させていただきました。

弊社サービス『Prepper』では、データ分析者のデータプレップ(分析の下準備)の時間を削減するサービスをご用意しています。

Prepper サービス紹介ページ

Prepper Open Data  Bank で無料共有しているデータは、国勢調査の人口統計データ、国土数値情報のポリゴンデータ、気象庁の気象データなど様々です。

PODB搭載データ一覧

利用には Snowflake のアカウントが必要になりますが、30日間の無料トライアルが可能です。

Snowflake アカウント開設方法

ご興味のある方は是非こちらのページ最下部のお問い合わせ欄からお声掛けください! ※2021/12/13 リンク切れを修正済

それではまた!