棒グラフの基本:軸は必ずゼロスタート

こんにちは。藤です。

 

データビジュアライゼーションシリーズです。

 

『棒グラフの基本』第2弾です。

 

Before

ぱっと見た感じだと普通の棒グラフに見えますがこれは NG チャートです。

一体何が問題なのでしょう?

 

実は棒グラフの縦軸がカットされており、始点が 200 になっています。

同様のグラフは様々なシーンで見かけますが、データビジュアライゼーションの観点において、これは印象操作と同等であり基本的に NG なのです。

 

もしかすると作り手には悪意が無く、単純にその差を分かりやすくするために軸をカットしたのかもしれません。

しかし、棒グラフはその長さで差を比較するものです。

長さがカットされてしまうと全体量における差が認識できなくなり、事実を歪曲して伝達することになります。

 

 

After

Before の図と比べると、存在する差異のインパクトが全く違いますね。

 

棒グラフの軸は必ずゼロからスタートしましょう。

 

 

それではまた。

 

※この内容は『データビジュアライゼーションの教科書』に掲載されています。