Mapbox macros

こんにちは。野口です!

Alteryx 2019.4リリースと共にMapboxマクロがAlteryxギャラリーで利用可能になりました!

今回の記事ではMapBoxマクロの一つである

MapBox isochronesマクロについて紹介します!

※このマクロを使用するためMapBoxのアクセストークンを取得する必要があります

機能概要


MapBox isochronesマクロは、緯度経度を引き渡すことで、

引き渡した緯度経度の位置から、指定した時間内で移動できる範囲を

下の画像のようなポリゴンデータで返してくれます。

移動方法は徒歩・自転車・車から選択可能です。

 

例)恵比寿ビジネスタワーから徒歩10分・20分で移動できる範囲

マクロの使用方法


①まず計算を行いたい位置の緯度・経度が含まれるカラムを選択

 

➁移動方法を選択

 

③取得したMapBoxアクセストークンを入力

 

④移動時間と作成する移動可能範囲の数を指定

例えば下の画像のように

”How many isochrone rings?”2

"How many minutes of travel"10分

に指定すると

一つの位置にたいして

10分以内で移動可能な範囲のポリゴンデータと、20分以内で移動可能な範囲のポリゴンデータが作成されます。

"How many minutes of travel"で指定した時間刻みで移動可能時間を増やし

”How many isochrone rings?”で指定した個数分ポリゴンデータを作成します。

 

個人的な感想


自分の家や、昔住んでいた場所などで検証してみたところ

かなり正確な範囲が取得できている気がします。

商圏分析や店舗開発なんかに使っていきたいです。

Related Posts