Tableau入門: Tableau「管理者」として知っておきたいこと

Truestarたまるです。 

今回はTableau Desktopの内容からは少し離れ、
それらをまとめるプラットフォームとなる

Tableau Server
(Tableau Online)

や、そもそものライセンス体系

Creator
Explorer
Viewer

についてのお話になります。

 

そもそも、Tableau Server / Online って?


"Tableauユーザ"といえばみなさん"Tableau Desktop"の使用者を想像されるかと思います。
それらのDesktopで作成した「ダッシュボード」や、それが保存された「ワークブック」
これらを閲覧可能にする為のプラットフォーム(土台)
となるのが、Tableau Server や、Tableau Onlineです。

ServerとOnlineは製品が違うのですが、期待される機能はほぼ同じで、通常はいずれか一方を採用します
それぞれの機能や価格の違いについてはこちらを参考下さい。

簡単にいうと、
 ・自社で環境を用意(オンプレミス) ⇒ Tableau Server
 ・Tableau社が環境を用意(クラウド) ⇒ Tableau Online
という違いです。



Tableau Serverの世界の全体図


Tableau Serverを宇宙と捉えると、その中には「サイト」と呼ばれる単位で、小さな銀河のようなものがあります。

通常のユーザが見られるのは単一サイトになるパターンが多いと思いますが、
Server管理者であれば、見せたいユーザの大きなまとまりごとに「サイト」を作成/管理する事が出来ます。

Tableau Serverは

Tableau Server
 ⇒サイト
  ⇒プロジェクト
   ⇒ワークブック (&データソース)
             ⇒ダッシュボード (ユーザが見る画面そのもの)

という階層構造になっています。↓の図はそのイメージです。
(実際は、プロジェクトの中にあるプロジェクト、という階層も作成出来ます)




Tableau Onlineの世界では、サイトは一つしかありませんので、一番上の階層が減ります。
(Tableau社が持っている複数のサイトから、ひとつを借り受けている、というイメージだと理解しやすいですね)

サイト 
 ⇒プロジェクト
  ⇒ワークブック (&データソース)
         ⇒ダッシュボード (ユーザが見る画面そのもの)

こちらがTableau Onlineの階層構造です。
他のサイトを意識する事がないので、上の図よりコンパクトですね。

 



Tableau管理者の方は、上記のひとつひとつのまとまりごとにパーミッション(閲覧権限)を設定し、
見せたいユーザ、逆に見て欲しくないユーザ、を管理する役目を担います。
(パーミッションの詳細設定についてはこちら)



Tableauのユーザーライセンス体系


ダッシュボードをパブリッシュする環境としてのTableau Server / Tableau Onlineについてはいくらかイメージを持って頂けたかと思います。
それではその環境を活用するユーザの視点ではどうでしょうか。

Tableauのライセンスには

・Creator (クリエイター)
・Explorer (エクスプローラー)
・Viewer (ビューアー)

の3種類があり、それぞれについて〇〇人、という契約になります。
各ライセンスの出来ること出来ないことをまとめたのが、下のマトリクスです。
(こちらの公式ページ下部にある表から抜粋してまとめています)



簡単にいうと

Creator…Tableau Desktop / Prep / Server(Online) とTableauの機能すべての使い手。
 データを加工したり、新しいデータソースを作成するのは、Creatorでないと出来ません。
 Tableau DesktopとServer(Online)の両方で、ダッシュボードの作成が可能。

Explorer…Tableau Server(Online)でのデータ活用、閲覧をするユーザ。
 Creatorがパブリッシュしたデータを元にダッシュボードの作成や、
 既存のダッシュボードの修正が可能。

Viewer…Tableau Server(Online)でのデータ閲覧専属のユーザー。
 Excelでいう「読み取り専用」の状態で、ダッシュボードの操作が可能。
 直接データからダッシュボードを作ったり、修正する事は出来ない。

という区分けになります。Creatorは全機能使用可能なのに対し、Viewerは読み取り専用、
そしてExplorerはその中間、というような位置づけであり、
Creatorがデータ活用を推進していく少数精鋭、
Viewerは意思決定をするTOP層や、数字を確認するよう求められる営業個人、などに充てられる事が多いかと思います。



(もうひとつのアクセス管理機能である) サイトロールについて


上記でお話ししたユーザーライセンス、パーミッション設定の他に、「サイトロール」という機能がTableau Server/Onlineには存在します。

それぞれ

ユーザーライセンス ⇒ Tableau上で使える機能を定義 (どのコンテンツが見られる/見られないといった制御は「パーミッション」で定義)
サイトロール ⇒ 管理者権限(パーミッションの変更やユーザ追加/削除が可能な権限)を持つ/持たない を定義
         (Creator,Explorerであれば管理者権限を持つ事が可能)
パーミッション ⇒ どのコンテンツが見られる/見られない といったアクセス権限を制御

といった違いがあり、それぞれの組み合わせによって、Tableau上で出来る/出来ないが決まります。
サイトロールで与えられる管理者権限には

サーバー管理者…Tableau Serverのすべてに対して無制限にアクセス可能
サイト管理者…権限を与えられたサイトのすべてに対して無制限にアクセス可能

があり、管理者権限の付与は、管理者のみが可能です。
(Tableau Onlineにはサーバー管理者は存在せず、サイト管理者のみです)

一般的にはCreatorユーザーが管理者を担う事が多いので「管理者=Creatorのみ」と思われがちですが、
Explorerも権限を与えれば管理者になる事は可能です。(Viewerは無理)
この「ユーザーライセンス」と「サイトロール」の違いは理解しておきたい点です。


まとめ


・Tableau Server/Onlineは別製品だが役割は同じ
・サーバー、サイト、プロジェクト、ワークブック(ダッシュボード)という階層構造がある
・Creator も Viewerも 名前の通り、データの作り手、読み取り手、というユーザーライセンスの違いがある
・ユーザーライセンス、サイトロール、パーミッション、それぞれの組み合わせによってその人が何が出来る(見られる)が決まる

上記の他にも覚えておきたい点は実はたくさんあります。
さらに知りたい事は公式ページでどうぞ

 Tableau Online へようこそ
 https://www.tableau.com/ja-jp/learn/get-started/online-admin

今回の情報を軸とし
よき管理者としてTableauを推進して頂ければ幸いです。